【コラム】 ミネラルファンデーションが何故肌に優しいのか☆

皆さま、こんにちわおてんきエトヴォス神田でございます女

今回のブログでは一般的なファンデーションとミネラルファンデーションの違いについて、お話したいと思いますニコニコ

ミネラルファンデーションがじわじわと人気になっている理由の秘密は・・・
お化粧もちがよく、お化粧直しも簡単という使いやすさと、敏感肌の方にも安心してご使用いただけることですポッ

なぜ、敏感肌の人にも使えるかと言いますと理由は二つですグッド
一つ目は、皮膚治療などに用いる亜鉛などのミネラル成分を多く含んでいるからです。
亜鉛はお肌の炎症を抑える成分で、チタンなども皮膚への刺激が少ないので、どんな肌タイプの人にも向くことですウィンク

二つ目は、お肌にとって刺激になりやすい防腐剤や石油系の界面活性剤、香料を含まないことです。

エトヴォスのdear Brush(ディア・ブラッシュ)シリーズは高級ナイロン(タクロン)を
ふんだんに使用したメイクブラシシリーズで、肌触りがとっても良いので気持ちィィですよラブ
また、ミネラルシアーファンデーションにセットされているパフは初代の綿パフの肌触りやミネラルファンデーションとの相性を加味して改良されたタイプなので、メイク時の摩擦刺激も少なく、ブラシと同じぐらい使い心地が良いんですかわいい
是非、お好みで使い分けてみてくださいね。


次に、成分の違いについてまとめてみましたウィンク

【一般的なファンデーション】
基材:マイカ・タルク・酸化チタンなど
ファンデーションの原料となる基材はマイカや酸化チタンです結晶
これは、一般的なファンデーションもミネラルファンデーションも同じですが、量が違います汗
油分や界面活性剤、水や汗と混ざると固まりやすいのですモゴモゴ

色素:酸化鉄・赤色201号・黄色・青色
タール色素の一種を多数混ぜて肌色を作りますひらめき
なかには、お肌に刺激を与えやすい成分もあります汗

乳化剤:ステアリン酸グリセリル・ラウリル酸グリセリルなど
パウダリーやリキッドに関わらず、水分と油分をなじませる乳化剤として少量使われています結晶

その他:パラベンなど
保湿剤や抗酸化剤、防腐剤が含まれています汗
パラベンは安全性も高く多用されていますが、アレルギーもちの方は避けていただくほうが良いですひやひや

【ミネラルファンデーション】
基材:酸化亜鉛・酸化チタン・マイカ
ミネラルの細かい粉の含有量が多いので、お肌に密着しやすいですラッキー
お肌の上で皮脂や水分と結合するので、お化粧もちが長持ちしまするんるん

色素:酸化鉄・グンジョウ
酸化鉄を精製すると、肌色に近い色みが生まれます女
配合量を加減してお色の調整をしていますウィンク

乳化剤:なし

その他:防腐剤や香料なし

エトヴォスのミネラルファンデーションの成分は極シンプルで、使い心地がとても軽く皮膚呼吸も妨げませんっラッキー

神田自身も、ミネラルファンデーションを知る前はリキッドファンデーションを使っていましたが、ミネラルメイクに変えてから毛穴の黒ずみがだいぶ少なくなりましたウィンク

エトヴォスのミネラルファンデーションはファンデーション同士を混ぜる事で、自分だけのカラーも作っていただけるので楽しみが広がりますょよつばのクローバー

エトヴォスはこれからもお客様のご意見・ご要望をどんどん新商品開発にとりいれ、お客様とともに進化し続けています!













Posted Comments
Entry Comment









▲Page top

ページの上部へ